1. TOP
  2. シャンプーとトリートメント
  3. 石油系シャンプーの罠と薄毛の関係

石油系シャンプーの罠と薄毛の関係

シャンプーとトリートメント この記事は約 5 分で読めます。 1,490 Views

石油系シャンプーって聞いたことありますか?

言い方が違うだけで、他にも高級アルコールシャンプーとも言われています。

石油系シャンプーというとなんだか頭皮に悪そうですが、

高級アルコールシャンプーと言えばなんだか頭皮によさそうですよね。

でも中身はおんなじ。

言い方を変えているだけです。

この石油系シャンプーの正体は『界面活性剤』です。

石油系シャンプーを使い続けると薄毛を促進するともいわれています。

でも石油系シャンプーは売れに売れ続けています。

一体なぜなんでしょうか?

ちょっと詳しくみていきましょう。

石油系シャンプーはごく一般的なシャンプー

s_120

石油系シャンプー、実はほとんどのシャンプーに入っています。

なぜって安いから(笑)

安いからこそ、泡立ちがすごいからです。

実はこの泡立ちにも問題があり、よく泡立つものは石油系シャンプーの物が多いんですよね。

完全に石油系シャンプーを排除して生活すると、結構お値段もかかってしまいます。

なぜってシャンプーだけじゃダメですからね。洗顔も体も洗剤も界面活性剤を排除しないといけません。

だから、自分が必要な時だけでいいんです。

まあここで言うならば石油系シャンプーの排除ですよね。

界面活性剤は刺激があり、さっぱりするのに向いています。

だからこそますます売れるんですよね。だからこそ企業も使うと。

そして知らない間に石油系シャンプーでないと満足できないように(笑)

まるで中毒ですね。

そして段々と石油系シャンプー以外のものを使うと

泡立ちにくい⇒あんまりよくないのかな?合わないのかな?

という方程式が自分の中で出来上がってしまい、

石油系シャンプーを辞める理由が見当たらなくなってしまうというマジックの出来上がりです。

まあ使い続けてもいい人も居ますよ?

しかし薄毛を気にしたらまず石油系シャンプーを止める事から始めましょう。

石油系シャンプーを止める方がいい人

s_110

まず頭皮のトラブルがある人。出やすい人。

肌が弱い人ですね。

そして髪の毛を少しでも生やそうと思う人です。

石油系シャンプーは、頭皮の必要な皮脂まですべて取り去ってしまいます。

したがって、乾燥を招き、乾燥から頭皮を守ろうとして過剰な頭皮が出てきます。

こうなると石油系シャンプーを使わないとすっきりしなくなるんですよね。

石油系シャンプーの見分け方

s_142

石油系シャンプーは何も書いてないシャンプー。

他の石油系シャンプーでないシャンプーは

オーガニックとか無添加とか石鹸系とか書いてます。

それくらい区別が必要なものです。

そして石油系シャンプーは安い。

しかし他のシャンプーは高い。

何も成分だけでシャンプーが高いワケではありません。

どうしても石油系シャンプーの界面活性剤以外のものを使おうとすると高くなるんですよね。

でも、もっとよく見てみましょう!

ウラレス硫酸

ウラリル硫酸

と成分表示にかいてあるものが石油系シャンプーです。

この成分表示、成分を多く使っている物から順番にかいていく事が義務付けられていますから

まずは水が一番にきます。

そして界面活性剤です。しかもひとつの界面活性剤ではなくいくつも入っていたりします。

ちょっと気にしてみてみましょう。

シャンプーだけでなく、いろんな泡立つものに入っていたりしますよ。

しかも泡立ったらきれいになったと思って洗い流すのも雑だったりします。

そうなると界面活性剤は頭皮に残ったまんま最悪な事を引き起こします。

それが頭皮のトラブルです。薄毛も含みます。

しっかりとシャワーで流すようにすることは大前提ですよ!

おススメは石鹸系シャンプーやアミノ酸シャンプー

s_342

石鹸系シャンプー(アミノ酸シャンプー含む)がやっぱりおススメです。

私が思うに、石油系シャンプーよりもよっぽどすっきり洗えます。

因みに美容院では必ずと言っていいほど、石油系シャンプーを使っています。

だってどれだけ汚れている人が来ても泡立ちますからね。

しかも手軽に。そして安いですからね・・・。

まあ大人の事情です。ヘアカラーから何日も洗ってない人の頭皮もすべて石油系シャンプーで

キレイに落とせます(笑)

もし、石鹸系シャンプーやアミノ酸系シャンプーの話が美容院で出ることがあれば

それはほとんどが「店販」です。家で使う美容院専門のシャンプーです。

売るのと美容院で使うのは違いますからね。

二度洗いするところは一度目に石油系シャンプー。

二度目に石鹸系シャンプーやアミノ酸系を使ってご紹介しています(笑)

毎日使うものだからこそ、おすすめするという意味でもありますよ。

石鹸系シャンプーのメリット

s_317

慣れてくると、頭皮のにおいが全然違ってきます。

なぜなら石油系シャンプーは皮脂を根こそぎ取るから、急いで皮脂がでて

それが酸化してにおいだすのは次の日の昼から夕方。

ですが、石鹸系シャンプーは皮脂が必要な分しか出ないので

酸化せずにベストな状態が続くためににおわないのです♪

 

 

【人気記事】ヤーマンの「レヘアボーテ スカルプドライヤー」を使ったら痛んでた髪が・・・

[続きを読む]

\ SNSでシェアしよう! /

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 臭いやフケを抑える泡立たないシャンプー「わたしのきまり」とは?

  • トニックシャンプーに潜む危険な成分とは

  • アミノ酸系シャンプーを使うとはげない?

  • パックスナチュロンシャンプーの個人的評価

  • 頭皮のにおいを撃退するシャンプーって?

  • 台所にあるものがヘアケアに使える?髪に良い食べ物