1. TOP
  2. 育毛剤の成分
  3. ジフェンヒドラミンが発毛に効果的?

ジフェンヒドラミンが発毛に効果的?

育毛剤の成分 この記事は約 5 分で読めます。 884 Views

ジフェンヒドラミンという成分は発毛というよりは、

頭皮環境を整えてくれるものです。

結果的に発毛にはつながりますが、過度な期待は厳禁です。

しかし見逃すことができない成分でもありますね♪

ちょっと詳しくジフェンヒドラミンの成分の効果を見ていきましょう。

ジフェンヒドラミンは幅広く使われている

404

元々ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン薬です。

簡単に言えば抗アレルギー剤。炎症、特に風邪薬とか鼻炎などの薬によく使われているので

鼻炎の人は絶対に知っているはず。

しかしこのジフェンヒドラミン。飲むと眠くなってしまうんですよね。

よく効く分、副作用として眠気があります。

鼻が詰まるからといって、飲んだら効くけど眠くなると困る!みたいな薬です。

でもとっても効果はあります(笑)

しかし、このジフェンヒドラミンの副作用を利用して作られたのが

睡眠改善薬。ドリエルなんかが有名ですよね。

ジフェンヒドラミンを飲んだら眠くなるという人には効果的ですが、

いかんせん『高い!』

これらのドラッグストアで睡眠改善薬を買うなら、本当はお医者さんに行った方がいいんですが

なかなか病院に行く時間がないという人は、こういったものを買っていますよね。

でも依存もありますし、効果も病院の方がかなりいいです。

どちらにしても薬がないと眠れないという人は病院がおススメです。

買い続けるのは本当にお金がかかりますしね。

話はそれましたが、このジフェンヒドラミンは育毛分野でも使われているのです。

ジフェンヒドラミンの育毛効果とは

s_186

頭皮にももちろん炎症を抑える効果があります。

その為、デリケートにかたむきがちな時期

・季節の変わり目

・よく汗が出る夏

・精神的に病んでいる時

なんかにジフェンヒドラミンが配合されたシャンプーなんかを使うのがおススメです♪

ひとつひとつ見てきましょうか。

kstn k

季節の変わり目にジフェンヒドラミン

405

季節の変わり目って、皮脂量がバランスを崩しがちなうえにメンタルにも負担がかかることが多く

頭皮のバランスを崩してしまいがちです。

こういう時にジフェンヒドラミン配合のシャンプーを使うと、

炎症を抑えられるので頭皮のトラブルを最小限に抑えることができるようになります。

からだももちろん乾燥したり、粉をふいたりかゆくなったりするので

ジフェンヒドラミン入りのボディシャンプーやボディクリームを使うようにしましょう。

ま、全身使うのがおすすめです。

汗が出る季節にジフェンヒドラミン

s_406

年齢が上がってくると

汗をかくとかゆいことありませんか?

特に、汗をかいて時間が経つと段々とかゆくなる・・・

それは皮膚の菌のバランスが崩れてしまうんですよね。

若い時に気にならなかったのは「若いから」「跳ね返す力があるから」そう。老化が原因です。

そして、もっと悪化してしまうと湿疹やあせもと変化していってしまうのです・・・

ああ!なんと恐ろしい老化!

とは言っても、もともと皮膚が弱い人もなりやすいです。

ただ、年齢が上がると弱くなるので汗をかくと同じようになるので人工的には汗をかくと

かゆくなる人が多くなるという訳です。

当然、頭皮もおなじこと。

汗をかいて、すぐにシャワーを浴びれる人なんて本当に一握りの人だけだし

その都度シャワーを浴びていたら逆に乾燥を招いてしまいます。

こんな時にもジフェンヒドラミンは効果を発揮します。

下手に汗ふきシートを使うよりも、ジフェンヒドラミン入りの物に変えてしまいましょう。

精神的に病んでる時にもジフェンヒドラミン

s_407

精神的に病んでしまっている時って、同時に免疫力も落ちてしまうんですよねー・・・。

だからますます病んでしまうという、悪循環スパイラルなのですっ!!

この悪循環を取り除くには、ひとつひとつの不快感を取っていくしかありません。

まずは家に帰ったら、何も邪魔されないようにスタンバイしておいて

ゆっくりと引きこもって好きな事だけを堪能できる時間を持ちましょう。

自分の好きな事だけができる時間というのは、自分をリセットしてくれて精神的に安定させてくれます。

そしてゆっくりぬるめのお風呂に入り、好きなアロマでも炊いてゆっくり眠る事です。

毎日の積み重ねで結構病んでしまっているのを改善できるようになるのでおすすめです。

そして鼻づまりも不快感のひとつですが、これもアレルギーなのでジフェンヒドラミンが効果を発揮します。

鼻詰まりも精神的に病んでしまいますからね・・・。

かなりの不快感を伴います。まず朝起きた時から寝ている間までずっと鼻水が出てしまう花粉症とか

にもジフェンヒドラミンが使われますが、同じように眠気を誘ってしまうために

「眠る前」だけに服用するしか無くなる人も。(じゃあ朝晩と出すなよ!って感じですが)

車の運転をする人などは危険なので眠る前だけに飲むようにしましょうね。

まあ、結構幅広く使われているのがジフェンヒドラミンという事ですが、

くれぐれも眠気にだけは注意して服用しましょう。

【人気記事】ヤーマンの「レヘアボーテ スカルプドライヤー」を使ったら痛んでた髪が・・・

[続きを読む]

\ SNSでシェアしよう! /

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自然の贈り物センブリエキスで育毛するという選択

  • 美容院では育毛剤を売れても返金はできません

  • 皮膚科でもらえる育毛剤と市販の育毛剤の違い

  • 効果の実感できる育毛剤を探すためのポイント

  • フィナステリドの効果と副作用って?

  • ピディオキシジルの効果と副作用