1. TOP
  2. 髪の毛について
  3. 夏のダメージ、『髪のゴワゴワ』を秋に持ち越さない為にできること

夏のダメージ、『髪のゴワゴワ』を秋に持ち越さない為にできること

髪の毛について この記事は約 5 分で読めます。 1,186 Views

夏に受けた髪のダメージで、髪がゴワゴワに・・・。

今すぐに髪のゴワゴワのお手入れをして、秋に持ち越さないようにしないと

冬の乾燥で髪が元にもどらない位ダメージを固定してしまって

ばっさりと切らないといけない羽目になってしまいます!

髪のゴワゴワを今すぐ改善する夏の終わりのヘアケア法をご紹介しますね。

ゴワゴワ髪を促進する、ダメなシャンプーの習慣

583

夏の紫外線で痛んでしまったゴワゴワ髪。

夏特有の、シャワーの温度がゴワゴワ髪を促進させているかもしれませんよ!

秋が来る前に、夏のシャンプー方法を見直して秋のしっとり髪を作っていきましょう。

秋からのシャンプーは温度を変える

s_587

夏には暑いからと水に近い温度でシャンプーしていた人も

秋からは適温に戻してシャンプーするようにしましょう。

特に寒くなってくると温度を上げてしまいがちですが、

お湯の温度は熱くても39度まで。

これ以上でもこれ以下でも頭皮や髪のダメージを与えてしまいます。

これよりも熱いと、頭皮の乾燥を招いてしまうのでゴワゴワ髪の原因に。

そしてこれよりも温度が下がると今度は頭皮の汚れが落ちにくくなるので

38度から39度を目安にシャワーの温度を設定しなおしましょう。

よく湯洗いしてからシャンプーをつけるように

584

一年を通して行ってほしい事ですが、さっと濡らしてすぐにシャンプーをつけて洗うのではなく

よくシャワーで洗ってからシャンプーをつけて洗うようにします。

シャワーで濡らしただけなのにすぐにシャンプーをつけてシャンプーの力だけで洗うようにしてしまうと

頭皮の汚れが半分位、落ち切ってしまわずに汚れが残ったままになってしまいます。

泡もほとんど立たない、または泡すらついてない頭皮の部分ができてしまいます。

特に整髪料などが沢山ついている時は、一度コンディショナーをつけて流してから

シャンプーをするなど工夫して髪の汚れが残らないようにしないと

髪のゴワゴワはいつまでも治りません。

その後無理矢理にコンディショナーをつけたとしても汚れが落ちていないので

コンディショナーの効果も発揮されていない最悪なゴワゴワ髪状態。

これではゴワゴワ髪はいつまで経っても改善しませんから、しっかりとお湯で汚れを落としてから

シャンプーをし、コンディショナーを行うようにしましょう。

しっかりと洗い流す事!

585

シャンプーもコンディショナーも、しっかりと残らないように洗い流すことが大事です。

残っていると、痛みが出やすくゴワゴワ髪を促進してしまいます。

洗い流す時の目安としては、時間にして約3分!

そして髪の長い人は根元から毛先まで手で水を切る時に『ぬるっ』としないまで洗い流す事です。

ぬるっとするのはまだ残っている証拠。しっかりと洗い流しておきましょう。

 

ゴワゴワ髪にドライヤーをかける時の注意

s_586

シャンプー後はキューティクルが開いたままの状態。

キューティクルをしっかりと締めなければ、ゴワゴワ髪はいつまで経っても改善しません。

夏の紫外線、エアコンなどで刺激を受けたからこそゴワゴワ髪は痛んでしまって

キューティクルが開きがちな状態ですから、自分でしっかりと締めてあげなければなりません。

髪が濡れている状態でアウトバストリートメントをつけ、

ドライヤーでしっかりと乾かせてあげましょう。

そしてドライヤーの角度は、髪の根元から毛先に向かってあてていくのが鉄則です。

キューティクルの向きは根元から毛先に向かって閉じていきますから

ここを逆にしてドライヤーをかけているといつまでもゴワゴワ髪は治りませんよ。

ドライヤーの角度も大事!

s_588

ドライヤーは必ず根元から毛先に。

そしてその時の角度も大事です。

直角にあてるのではなく、上からの45度を心がけるようにあてていくと

ゴワゴワ髪がしっとりツルツル髪になります。

これは一番キューティクルが閉じやすい角度だから、ゴワゴワした髪でも一瞬でつるっとしなやか髪になれるんですよね。

毛先を持ってあてていくだけで、すぐに実感できると思いますので是非活用していってください。

必ず乾かせてから眠るように

 

しっかりと髪を乾かせないまま寝てしまう人が居ますが、

これもゴワゴワ髪にはタブーです!

髪は塗れた状態だとキューティクルが開いたままになり、開いたまま枕で摩擦してしまうことで

ゴワゴワ髪を自分から作っていることになります。

濡れたまま寝てしまうと、ゴワゴワ髪になってしまうだけではなく

雑菌も沸きやすくなりこれから生えてくる髪もいい状態ではなくなってしまいます。

また雑菌が沸くと頭皮からののにおいも沸きやすくなり、かぶれやかゆみが強くなってしまいます。

s_219

ゴワゴワ髪は、一旦定着してしまうとなかなか改善しません。

毎日のヘアケアが結果として跳ね返ってきますからしっかりとまじめにケアしていくほかありませんからね。

痛んだ髪に保湿剤をつけるよりも先にヘアケアの正しい方法を身につけていきましょう。

【人気記事】ヤーマンの「レヘアボーテ スカルプドライヤー」を使ったら痛んでた髪が・・・

[続きを読む]

\ SNSでシェアしよう! /

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 意識高いだけで効果なし?「育毛サロン」の実態とは?

  • 見た目おばさんっぽくなっちゃう残念な髪型って?

  • 髪についたタバコのにおいを一瞬で消す方法

  • トップにボリュームを出して脱!老け印象!

  • 効率の良いトリートメント方法とは?

  • ロングヘアの美しさをいつまでもキープする方法