1. TOP
  2. 髪の毛について
  3. 夏の終わりの髪の悩みを解決

夏の終わりの髪の悩みを解決

髪の毛について この記事は約 5 分で読めます。 777 Views

夏に受けた紫外線から頭皮がガチガチに・・・。

髪も夏のキツイ紫外線を受けてばさばさに・・。

もちろん髪を守るための夏の帽子だって仕舞わなくっちゃいけません。

ここでは夏の終わりに取り組むべき、悩み別髪の衣替えをおススメしていきますね。

 

夏に活躍した帽子のしまい方の悩み

723

紫外線を予防するために夏に使った夏の帽子のしまい方の悩み。

綿素材のものはネットに入れてドライコースで洗濯して、形を整えてから陰干ししてしまいましょう。

洗濯機で洗えないものは、そのまま除菌スプレーなどを吹き付けて陰干しに。

いずれにせよしまう時の形がそのまま来年の帽子の形となって現れてしまいますから

大き目のダンボールに新聞紙などを頭の部分に詰め込んでから防虫剤を入れてしまいましょう

 

頭皮のダメージの悩み

724

頭皮のダメージは、実は夏のダメージを一番受けてしまう所。

夏に受けた頭皮のダメージは、秋の抜け毛となって現れてしまいます。

今、ダメージを受けている悩みはなんといっても固くなってしまった頭皮にあると思います。

この悩みはそのままにしておいても、決していいことはありません。

頭皮を保湿するようにして、頭皮をもみほぐすマッサージを行うようにしましょう。

わざわざ行うのが面倒くさければ、シャンプーをするときにしっかりとマッサージするように

洗うだけでも全然秋の抜け毛の悩みも変わってきます。

そして今の悩みである頭皮の硬さも徐々に変わってくるのが実感できると思います。

夏にダメージを受けた髪・・・自然乾燥でもいい?

721

ダメです。

自然乾燥が一番髪を痛めてしまいます。

夏は特に紫外線の刺激で髪が痛んでいるもの。

その上に水分をいつまでも放出してしまう夏の自然乾燥は危険そのもの。

塗れている髪はキューティクルが開いた状態で不安定。

ここはキュッとドライヤーの熱で締めてあげることが大切。

温風で乾かせた後は、冷風で締めて更に夏の悩みダメージを抑えて!

夏の初めに染めた髪が金髪に・・・!

722

夏の初めに染めた時は、まだ髪が痛んでなかったのでしょう。

しかし染めたら必ずダメージが付きまといます。

夏に染めた髪こそ、悩みの原因。

徹底したヘアケアをしていかないとすぐに退色してしまいます。

徹底した保湿。

UVケア

帽子

髪の保湿は冬だけ必要なものではありません。

染めた痛みやすい夏こそ髪の保湿が必要です。

それから悩みのひとつの原因である紫外線予防も髪にも当然必要です。

帽子、UVカットは必ず行うようにしましょう。

染めたらキューティクルが開きやすく、そこからドンドンと水分が逃げやすくなり

やがてパサパサの髪として悩みになってしまうので夏こそ注意が必要です。

夏に紫外線を浴びてしまったら、今からでも保湿を徹底して悩みを解消していきましょう。

どうしても頭皮が硬い・・・

725

いつまでも頭皮が硬いとお悩みの人は

頭皮クレンジングなどをつけて、シャンプー前からマッサージすること。

この時にホットクレンジングなどがあれば是非利用しましょう。

マッサージ効果がUPしますよ。

頭皮が硬くて悩んでしまうポイントは、

てっぺん

こめかみ

つむじ部分

だと思いますから、このあたりを特に注意してマッサージすると早めに悩みを解消することができます。

美容院でできる夏の髪の悩み解決

s_720

美容院でできるのは

ヘッドスパ

トリートメント

です。

ヘッドスパはもちろん頭皮の悩みに。

そしてトリートメントは髪のダメージを修復します。

が、できればヘアカラーした時にコーティング剤の入ったトリートメントを続けてすることで

染めた髪の色を守り、ダメージの悩みからも守れます。

自分で行うトリートメントはこのコーティング剤のちからが弱い。

一度シャンプーしてしまえばすぐに取れてしまいます。

それでも美容院でするトリートメントにはかないません。

できれば、ヘアカラーとトリートメントはセットで行うようにとお勧めしますが

ヘアカラーだけでそんなにお金が・・・という人は徹底した保湿を自分で行うしかないのが現状です。

一番いいのは髪を染めないこと。

私がいうのもなんですが、染めるといいことはひとつもありませんからね。

受けがいいのも女同士だけですし。。。

ちょっと黒髪に戻すことも視野に入れてみるといいかも知れませんよ。

秋の抜け毛に向けて

夏のダメージの悩みを解消したら、秋の抜け毛に向けて

髪にいいものを食べていくようにしましょう。

夏に悩みがなかったとしても、秋の抜け毛で気が付いたりします。

そこで悩むよりも先に対策しておきましょうね。

まずは運動をして血行をあげていくこと。

時間がかかるので、今から始めておくと秋の抜け毛対策に間に合います。

そして体を温めるかぼちゃなどを意識して血液の流れを良くすることを心がけることです。

 

秋の夜長に何をするかも決めておくと、秋の抜け毛の悩みを気にしなくていいかも知れませんね。

読書、見たかった映画、運動と夜が長くなる秋はいろんなことが行えますよ♪

【人気記事】ヤーマンの「レヘアボーテ スカルプドライヤー」を使ったら痛んでた髪が・・・

[続きを読む]

\ SNSでシェアしよう! /

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 髪が伸びるのが早い人はスケベってホント!?

  • 髪のうねりの原因と解決法

  • 毎日の抜け毛と生まれてくる髪の本数

  • 薄毛になりやすい女性の髪形

  • 富士額<ふじびたい>とハゲは全く別物。

  • 男も女もベリーショートが似合わない人って?