1. TOP
  2. 髪の毛について
  3. 毛母細胞があるからこそ毛が生える!

毛母細胞があるからこそ毛が生える!

髪の毛について この記事は約 5 分で読めます。 1,258 Views

毛母細胞という言葉を聞いたことがありますか?

毛母細胞が毛を作り出す働きをするので、毛が抜けても生えてくる仕組みになっています。

だからこそ、髪の毛が生えてきたりムダ毛が生えてきたりするのですが

生やすも殺すも結構自由だったりします。

だからこそ、大事にして生やすことも、脱毛して生えないようにもできるのです。

 

毛母細胞とは?

s_119

 

毛母細胞は、毛根の周りにあるものでここが壊れてしまうと毛が生えてこなくなります。

脱毛などは、毛母細胞に熱をあててその毛母細胞を壊すものであり、

毛母細胞が壊れてしまうと、理論的には毛が生えてこなくなります。

はやりのレーザー脱毛は、黒いものに熱を瞬間的に当ててその毛母細胞だけ壊す働きをするので

脱毛前は全剃りが基本です(黒いものに反応するため)

 

しかし毛母細胞を元気にして、髪を生やすには

『毛母細胞の活性化』が近道ともいわれています。

 

毛母細胞は髪を作ってはところてんのように押し出す細胞

 

毛母細胞は髪をせっせと作り上げては、ところてんのように押し出すような働きをします。

そのために、どうしても活性化してないと髪が生えてこないようになってしまうのです。

 

毛母細胞を活性化するには

s_113

 

よく、薄毛の人が頭皮の血行を良くするのが基本!

とかいうのを聞いたことありませんか?

あれは毛母細胞の活性化として、血流をよくすると毛母細胞に栄養を届けやすくなるからなんですよね。

血流が悪ければ、なかなか毛母細胞にまでは栄養は行き届きません。

いくら髪にいい栄養をとっても、届かなければ意味がないですからね。

では、頭皮の血流をよくするにはどうすればいいのでしょうか?

 

頭皮の血行はなぜ悪くなるのか。

s_168

 

ひっつめ髪。

ストレス。

冷え。

髪の重み。

とまあ頭皮だけではありませんが、からだ全体の血流が悪いからこそ

頭皮までも血流が悪くなるのではないでしょうか?

その他には運動不足などがあげられます。

血流はそもそも筋肉がないと流れが悪くなりますからね。

当然流れが悪くなると頭皮の血流も悪くなり、毛母細胞には栄養が届きにくくなります。

 

血流をよくして毛母細胞まで栄養を届けるには

 

血流を良くするには、まず筋肉をつけること。

筋肉がないと血流も悪くなり、朝起きた時におしりが冷たい。

冬になると手足が冷たいなどの不調が出てきているはずです。

ひとつひとつは細かい不調でも、必ずその細かい不調がおおきくなり

取り返しのつかない『薄毛』などになって出てきます。

時間はかかりますが、適度な筋肉をつけることが大事です。

少しづつでもいいので取り掛かりましょう。

 

自分で今すぐできる!頭皮の毛母細胞の活性化!

s_156

 

今すぐできるのは、頭皮のマッサージをして毛母細胞の活性化を頑張ることです。

ヘッドスパなどに行かなくても、シャンプーするときによくマッサージするように洗う事でもいいし

栄養が入った育毛剤をつけて風呂上りにマッサージするのでもいいです。

ではそれぞれもマッサージ法をご紹介しますね。

 

シャンプーの時のマッサージの仕方

シャンプーの時のマッサージの仕方での注意は

髪をシャワーで洗い流してから一度軽く水気を切ること。

濃厚な泡でシャンプーすることで、マッサージもしやすくなりますからね。

あまりにもみずっぽいシャンプーだと、すぐに泡がたれてくるだけでなく

濃厚マッサージにもなりません。

長い人は毛先を重点的に絞るようにしましょう。

短い人はほんとに軽くでいいので水気を切るように。

それからシャンプーをつけてマッサージするようにくまなく指の腹を使ってもみ込みましょう。

バスケットボールを持つようにして、左右から、またそのまま前後に。

そして次はジグザグ洗いなどといろいろなマッサージを心がけましょう。

 

病院でできる毛母細胞の活性化

s_121

 

毛母細胞が弱ってくると当然髪も生えてこなくなります。

しかしそれは、老化、男性ホルモンなどの関係で頭皮マッサージでは追いつかない場合も多々あります。

その場合は病院に行って薬がもらえます。

いわゆるAGAというのがそれに当たります

男性ホルモンを抑えて毛母細胞の活性化したりとホルモンバランスを整えてくれるのです。

男性はどうしても老化というか年齢が上がるごとに男性ホルモンの影響で

毛母細胞の働きが悪くなってしまいます。

 

たばこを吸うと毛母細胞が衰える?

そうなんですよね・・・・残念ながら喫煙者はことごとく髪にきらわれてしまっています。

なぜって毛細血管がたばこを吸うと、急にもっと細くなってしまって

とてもじゃないけど栄養を届けることができなくなってしまうからなのです。

まあそれでも吸い続けたいという気持ちもわかりますが、

値段も高いし、一瞬の為にドンドン値上がりするたばこの値段を気にしつづけながら吸うよりは

一旦たばこをやめてみるのもいいでしょう。

その分、育毛剤が好きなだけ使えるようになるとも思えますしね(笑)

 

毛母細胞が髪を作る(押し出す)ので、栄養を届けるために血流をあげる事で

髪が生えやすくなります。

 

 

 

 

【人気記事】ヤーマンの「レヘアボーテ スカルプドライヤー」を使ったら痛んでた髪が・・・

[続きを読む]

\ SNSでシェアしよう! /

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【元美容師が紹介!】育毛剤の効果や抜け毛予防の方法について|髪ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 薄毛の髪形のコツ3つ

  • 年々髪が細くなった気がするんだけど・・・

  • わかめが与える髪への効果とは

  • 薄い前髪を上手く隠す方法

  • 生れつき髪が少ない人は生まれた時に解るの?

  • 睡眠時間と髪の関係